高水準の衛生管理能力を持つ

ウォーターサーバーの大半は、専用の水入りボトルを補充する形で使うといった特徴を持っています。ボトルの中に入っている水は、加熱処理こそなされているものの水道水のように塩素が含まれていないという点で、雑菌などが入りやすくなるといったデメリットもあります。毎日のようにボトルを交換するため、どうしても給水口を経由して入ってくる雑菌やホコリが気になりますが、市販されているウォーターサーバーには、こういった衛生面に優れた機能が備わっています。

具体的には、給水口の近くにホコリやチリなどを防ぐフィルターや、雑菌を除去するための熱湯消毒や紫外線などの機能が該当します。また、清潔に保つために必要なメンテナンスも、年単位でのサービスという形で定期的に行われるため、常に高い安全性が保たれます。

サーバー内部のメンテナンスという形で標準搭載

ウォーターサーバー自体に高機能な衛生管理機能が備わっているとしても、定期的にメンテナンスを行わないとその機能が落ちてしまいます。こういった衛生管理機能を維持するために、年一回程度のメンテナンスを標準で行えるケースが多くを占めます。基本的には、サーバー内の清掃に加え、消耗品の状態などを確認し、問題があればその部分を交換するといった作業が該当します。さらに、部品ではなくサーバー本体そのものを定期的に交換するといったサーバーもあるため、メンテナンス後も常に高水準の飲料水を味わえます。 定期的なメンテナンスに関しては、ほとんどが購入時に受けられるサービスとして提供されるため、その費用がかからないケースが一般的となっています。