ウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすい

ウォーターサーバーの水は赤ちゃんも飲めるほど、安心で安全なものです。しかしいくら水が綺麗であっても、ウォーターサーバー本体が不衛生だと意味がありません。ウォーターサーバーの吐水口は常に外気にさらされているため、ホコリがつきやすくなります。また長期間使用していると、濡れた状態と乾燥した状態が交互に繰り返されるため水垢もつくのです。さらに、給水する際に手が触れてしまうと、手に付着している菌が吐水口に移ってしまいます。水に関しても、完全に清潔とは限りません。水道水は汚染を防止するために塩素が含まれていますが、ウォーターサーバーの水には含まれていないため傷みやすくなっています。

このようにウォーターサーバーの衛生面は万能ではありません。手っ取り早く清潔にするためには、自動洗浄機能が欠かせなくなるのです。

手間いらずの自動洗浄機能

ウォーターサーバーの自動洗浄機能の例として、フィルターによる雑菌除去が挙げられます。空気中には目に見えない雑菌やホコリが無数に浮いています。これらをフィルターに通すことで、ウォーターサーバー内には常に綺麗な空気を取り込めるのです。また、多くのウォーターサーバーには温水機能が搭載されています。この温水は飲むだけではなく、ウォーターサーバー内を循環させることで殺菌もできるのです。さらに、殺菌力の強い紫外線を用いたUV機能が搭載されたウォーターサーバーもあります。

ウォーターサーバーを最大限清潔に保ちたいのならば、自動洗浄機能に加えてこまめな掃除も行いましょう。吐水口や受け皿などを拭くだけでも十分効果があります。

衛生面でしっかりと処理がされていて、密閉された水が出てくるのであれば、ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク用のお湯を出すためにも使用できます。