レンタルプランが主流

ウォーターサーバーを導入する場合、多くのプランがレンタルサービスとなっています。ウォーターサーバーの月額レンタル料金が設定されていて、水代とは別にその料金を支払うことになります。メーカーによって異なりますが、この費用の中にメンテナンス料金や修理保証が含まれていることがあります。生活に欠かせない水が使えなくなるのは困りますし、水漏れが発生したら部屋が水浸しになりますので、メンテナンスを行ってもらえるのは心強いものです。また、故障時に高額な修理費用がかからないことも安心できます。一方、メーカーによってはウォーターサーバーを買取りできるプランもあります。長期間利用を前提にすると、お得になるケースも考えられますが、レンタルプランより圧倒的に少ないのが現実です。

レンタル代が無料にできる理由

ウォーターサーバーの月額レンタル料金が無料であるプランは意外と多いです。さらに、初期事務手数料やウォーターサーバーの設置費用なども無料であるプランも見受けられます。一概には言えませんが、水代にこれらの費用が上乗せされている場合があります。そのため、費用を比較する際はトータル費用で比較することが大切です。また、月額レンタル料金が無料であるプランは、水の購入ノルマが設定されていることが大半です。水の使用量をよく検討し、無理のないノルマ設定であるかの確認も重要です。さらに、メンテナンス料金は別途であることが大半で、修理費用も実費となるなどの諸条件が設定されています。目先のレンタル代無料ばかりではなく、諸条件にも目を光らせましょう。

ミネラルウォーターを購入して飲むことが多い場合、水のサーバーがあると重いボトルをもって注ぐ必要がなく、便利になります。