部屋の状況を認識して節電

日本はどの季節であっても夜には暗くなります。起きている間は照明をつけるときもありますが寝るときは照明を消すなどして暗い状態で寝るでしょう。一旦寝れば家電製品の多くは使わないので節電を意識するなら電気製品の電気を切るようにしましょう。ウォーターサーバーは冷水や温水を出すために電気を使い通常はいつでも適温が出るようになっています。でも暗くなって人が眠ればウォーターサーバーの利用頻度は減るので最適の温度にしておかなくても良いかも知れません。あるウォーターサーバーは部屋が暗くなった時に自動的にエコモードになって節電してくれます。エコモードと言っても電源が切れているわけではなく冷水や温水は出ますが量は少なめです。寝起きにたくさん利用したいときは部屋を明るくするかエコモードを切ると良いでしょう。

温水の温度を低く設定できる

ウォーターサーバーは冷水も温水もいつでも飲めるのが売りのアイテムです。多くの業者からサーバー本体が提供されていますが、それぞれで性能が異なります。電気を使うので家電製品と言っても良く、できるだけ節電が可能なタイプを選ぶ方がいいでしょう。節電能力が弱いのは温度の調整ができないものになり、冷水も温水も特定の温度で固定されたままになっています。一方エコな使い方ができるのは、一定の幅で温度調整ができるタイプになるでしょう。高温で維持しようとするとその分電気代がかかりますが、その温度を少し下げればそれだけ節電が可能になります。冷水なら5度から15度ぐらいまで、温水なら50度から90度ぐらいまでの調整ができるタイプだと節電しやすいでしょう。

スーパーなどで飲料水をペットボトルで購入すると持ち運びが大変ですが、水宅配を利用することにより、その大変さを解消することができます。