コンプレッサー式の特徴と注意点

需要の増加に伴って様々なメーカーからウォーターサーバーが販売されていますが、中でも特に人気となっているのが温度調節機能が付いたタイプです。こちらは文字通り付属しているボタンを押すだけで温水と冷水の好きな方を飲むことができるサーバーになります。温度調節機能は大きく2種類に分類されていて、代表的なものとして挙げられるのがコンプレッサー式です。圧縮機の力で発生する気化熱を使って水を冷却するコンプレッサー式は、短時間で冷水を作れるのが特徴になります。その反面、急激に水を冷却するため、多くの電力を使用することで電気代が高くなりやすいので注意が必要です。冷水の使用頻度が増える夏場は光熱費が高くなってしまうこともあるので、使い方に気を付けなくてはいけません。

電子冷却式ならではの魅力とデメリット

ウォーターサーバーの温度調節機能のもう一つのタイプが電子冷却式です。電子冷却式はタンク内に設置されているペルチェと呼ばれる素材に電気を通すことで水を冷却される仕組みになっています。冷却するために必要な電力の消費が小さく、繰り返し使ってもそれほど電気代は高騰しません。冷水の活躍する夏場の時期でも、冬場と比べて若干高くなる程度なので安心して使うことができます。その反面、コンプレッサー式に比べて冷却するまでに時間が掛かってしまうのがデメリットです。そのため、いざ冷たい水を飲もうとした時に、冷えが足らずにぬるま湯だったというケースも少なくありません。電子冷却式のウォーターサーバーを使用する場合は、時間に余裕を持って冷却をすることがポイントになります。

質の良い水を購入する場合、スーパーなどの店舗で購入すると運ぶ作業が必要です。その点宅配水だと玄関口まで届けてくれるので、運ぶ距離が短く済みます。